ヘッジファンド証券コラム

ヘッジファンドの運用戦略とは

掲載日:2014-10-22

ヘッジファンドは、市場の変動にかかわらず常にプラスの収益(絶対収益)を追求します。そのために、どのような方法で資産運用を行っているか、主な戦略をご紹介します。

株式ロング・ショート戦略

株式ロングとは株式を買って保有すること、ショートとは空売り(からうり)することを意味します。ロングは買っているわけですから、値上がりすれば収益となります。
ショートの空売りとは、「株式を借りてきて市場で売却し、一定期間のうちに市場から買戻して株式を返却する」作業ですので、高い値段で売って、安い値段で買戻すことができれば、その差額分が利益となります。すなわち、株価が値下がりすれば収益となるのです。
このロングとショートの両方を行うのがロング・ショート戦略です。

一般の投資信託はロングだけを行いますので、市場全体が値下がりしている局面には収益源を見つけづらいのですが、ショートも使えるのであれば、下落相場でも収益を得ることができます。
また、相場が平常の場合でも、将来的に値上がりが期待できる割安な銘柄を買い(ロング)、値下がりが予想される割高な銘柄を空売り(ショート)、両面から収益を追求します。買いでも売りでも儲けるというと、リスクが高そうなイメージがありますが、実は、そんなにリスクの高い投資ではありません。

何か事件が起きて市場全体が大きく下落する時は、ほぼすべての銘柄が値下がりするものです。そういった局面では、割安と考えて買っていたロングの銘柄でも市場全体とともに値下がりすることになりますが、他方、割高と考えて空売りしていた銘柄はそれ以上に値下がりしやすいため、ロング銘柄で被った損失をショート銘柄でカバーできることになります。

このような構造から、ロングとショートを同時に行う戦略は、市場全体の動きから受ける影響を抑える効果もあります。ロング・ショート戦略は、日本のヘッジファンドでは最も多く利用されています。

マーケット・ニュートラル戦略

ロングの金額とショートの金額を同じにすると、市場全体の動きから受ける影響をほとんど排除することになります。この戦略の勝負どころは、ロング・ショートそれぞれの銘柄選択技術にあります。業績や株価水準、他の銘柄との比較分析によって、本来あるべき株価(適正株価)よりも割安な銘柄を買い、割高な銘柄を空売りします。
この銘柄選択が正しければ、株価は適正株価に回帰し、市場全体が値下がりしたとしても、「ロング銘柄は市場の下落率よりも少ない下落率」「ショート銘柄は市場の下落率より大きい下落率」となるはずです。市場全体の動きに影響されて動く部分はロングとショートの損失と利益が相殺され、残るのは、この分析結果から割り出された「割高な株価と適正株価」「割安な株価と適正株価」の差額で、これがファンドの収益となります。

価格変動の大きな要因となる市場全体の変動を排除できる「マーケット・ニュートラル(市場に対して中立の意味)」は、安定的な収益の確保を趣旨とする戦略です。

マーケット・ニュートラル戦略のように本来あるべき価格と実際の価格との差額を利用して行う取引を裁定取引(アービトラージ)といいます。アービトラージ戦略は、株式の他にも債券や企業買収などを利用して行うこともできます。

イベント・ドリブン戦略

株価に大きな影響を及ぼす重要な出来事(イベント)が起きる時に、それによって生まれる株価の変動を狙って収益を取る戦略です。企業の合併や買収(M&A)、新規上場、経営破綻など企業に起こる特殊な状況や、株価指数の構成銘柄見直しで採用される銘柄・除外される銘柄などがターゲットになります。

グローバルマクロ戦略

マクロ経済の動向を予測して、世界各国のあらゆる市場の方向性で収益を狙います。先物やオプションなどデリバティブ取引を駆使し、投資資金の何倍もの効果を求めて積極的に投資します。

マネージド・フューチャーズ戦略

株式、債券、為替のほか、原油・金属など商品(コモディティ)の上場先物で、大きなレバレッジ(投資資金の何倍もの効果)をかけて投資します。株価分析など数値で処理できるデータを使い、コンピューターで処理して、システム運用をします。相場が明らかな方向性を見せた局面で投資に入る「トレンドフォロー型」であることが特徴です。





このページのtopへ