ヘッジファンド証券コラム
  1. トップページ >
  2. ヘッジファンド証券コラム >
  3. ヘッジファンドについて >
  4. ヘッジファンドの仕組み「絶対収益」とは

ヘッジファンドの仕組み「絶対収益」とは

掲載日:2014-10-22

一般の投資信託は相対収益(相対リターン)を追求し、ヘッジファンドでは絶対収益(絶対リターン)を追求します。投資家にとって大きな違いとなるこの収益目標について、詳しくご紹介します。

相対収益とは一般の投資信託の収益目標

一般の投資信託の運用方法は、主に2種類あり、株価指数と同じ動きを目指す運用方法(インデックス運用、パッシブ運用)とファンドマネージャーの裁量で運用する方法(アクティブ運用)があります。
ただ、アクティブ運用であっても、投資対象が株式や債券などいわゆる伝統的資産であり、それをファンドの資産いっぱいに保有するフルインベストを運用方針とすることが多く、マネージャーの取り得る運用技術は限られています。そのような運用条件のなかでは、「ベンチマークを上回る成果を目指す」相対収益の追求を収益目標とすることになります。

ベンチマークとは、ファンドの投資対象に合った指標(株価指数や債券指数など)で、ファンドごとに設定される運用成果の競争相手です。したがって、一般の投資信託では、インデックス運用のファンドは当然のことですが、アクティブ運用であっても、市場全体が値下がりする局面では、ほとんどのファンドが基準価額の値下がりを余儀なくされることとなります。

絶対収益とはヘッジファンドの収益目標

相対収益を追求する一般の投資信託では、株価指数(市場全体)が8%下落する局面でファンドの値下がりが5%で留まれば、ベンチマークを上回った成果として「良好な運用成績」として評価されます。
しかし、投資家から見れば値下がりは値下がりであり、投資資金が損失を被っている以上、財産形成に有効であったと評価するのは難しいものです。その一般的な投資信託の弱みを克服すべく、ヘッジファンドでは絶対収益を目標に運用されます。

絶対収益を追求する運用では、市場全体が上がっても下がっても、ファンドの価格を値上がりさせることを目指します。つまり、投資家の投資元本を下回ることを避け、常に収益を獲得し続けるスタンスで運用されるのです。

たとえば、年間の目標収益率を10%と定めたヘッジファンドがあったとします。買付け時に基準価額が10,000円だったとすると1年後には11,000円以上になっていないと、良好な運用成績とは評価されません。その間、投資対象の株式市場などが大きく値下がりしていたとしても、運用成績の悪いファンドとされてしまいます。

絶対収益を追求するための運用方法

絶対収益は、絶対に(必ず)収益を上げるという保証的な意味ではなく、比較対象がない状態(絶対)で収益獲得を目指すという意味です。これも投資である以上、投資元本や将来の収益率が保証されるものではありません。

しかし、相場の変動にかかわらず投資元本を守ることができる運用手法(マーケットニュートラル戦略)や下げ相場でも積極的に収益が狙える運用(空売りやロング&ショート戦略)などを使って、絶対収益の獲得を実現していこうというものです。

なお、相対収益を追求する運用では株式等をファンドいっぱいに保有するため、市場全体(株価指数)の上昇時には、それと同じ程度のリターンを期待するのが当然です。仮に株価指数が30%上昇した場合、一般の投資信託ではよほど失敗しない限り、実際それに近い運用成果を上げるのが普通です。一方、絶対収益を追求するタイプのヘッジファンドでは、あらかじめ決められた年間収益目標率を期待リターンと考えるのが妥当です。

それというのも、ヘッジファンドでは、市場の動きを利用して収益獲得に向けた高度な投資手法を駆使すると同時に、元本を割らない、目標収益を獲得するという使命のもとに厳格なリスク管理(リスクの取り方のコントロール)も実施しているからです。





このページのtopへ