— 第39回鉄壁クラブ 開催報告! —

2017年07月18日

第39回ゲスト:

株式会社ネストレスト 南雲聖運 様

7月12日(水)、第39回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、株式会社ネストレストの代表取締役社長・南雲聖運様を講師としてお招きしました。

ネストレスト様は、不動産の売買・仲介・賃貸・管理はもちろん、学生向け住居案内、民泊など、不動産業を幅広く展開されていらっしゃり、今回は、現在注力されている高齢者向け住宅サービス「おひとりさまコンシェルジュ」の内容を中心にお話しいただきました。

 

南雲様は、住居案内を中心とした不動産業歴が30年と長く、その始まりは学生時代に手掛けた学生向け不動産あっせん業(東京学生情報センター)でした。昭和60年当時は、学生の家探しは時間を要するものだったため、学校の教員向けに事前に情報誌を提供する事業が好評を博し軌道に乗りました。当時の仲間は、今のJSB、毎日コムネットなど、現在学生マンション事業を柱として上場している企業へとなっているそうです。

その後紆余曲折を経て、平成19年に高齢者向け不動産情報サービスを開始し、平成23年に再独立して同一事業を再開し現在に至ります。

これまで一貫して、「ひとり」に添う「居場所」をつくるため、ひとり暮らしをはじめる学生に物件を紹介したり、ひとり身になってしまったお年寄りに老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅を案内したりと、「ひとり」に寄り添い続けてきました。

 

その一環として開始した「おひとりさまコンシェルジュ」は、独り身の高齢者の方が直面する様々な困りごとをワンストップで解決に導く相談窓口です。認知症になった場合の備え、老人ホーム入居の相談、その際の自宅売却の相談や引っ越しの片付け、相続や遺言の備え、死後の葬儀等の備え、といった悩みごとの相談にのり、不動産手続きや関連業者の紹介などを行いサポートします。

中でもよくあるお悩みの一つとして、片付けられないから老人ホームへ入居したくてもできないというものがあるそうです。この遺品整理については、どんなライフスタイルで今まで生きてきたのかを話し合いながら一つ一つ必要なもの不要なものに分けて処分していきます。これは専門性が高くなかなかできることではないそうです。

 

このように幅広いお悩みに親身に対応いただけ、入会金は無料、費用もほぼ実費に近しい明朗会計と、ほぼボランティア状態です。会員様が自宅等の不動産を売却されると決断されたときに、初めて不動産売買の手数料という収益が発生しますが、その時期はいつになるかわからない足の長い話となっています。

このサービス自体は開始してまだ約1年で、これまでのご利用者も30名ほどではありますが、民間業者で信頼構築をベースに寄り添いながら、ワンストップでサービス提供を行う事業は他にない、と南雲様はおっしゃり、事業の意義を確かに感じているようでした。

まだ急激に会員数の増加に対応することは難しいですが、遠くに住んでいるご両親の心配をされている方やお知り合いでお困りの方などいらっしゃいましたら、是非ご利用・ご紹介ください。現在は首都圏のみとなりますが、相談窓口はHPより検索が可能です。⇒ http://65power.jp/

— 第38回鉄壁クラブ 開催報告! —

2017年07月03日

第38回ゲスト:

株式会社NR JAPAN 一 龍飛 様

6月27日(火)、第38回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、株式会社NR JAPANの一 龍飛さん(いち りゅうび)を講師としてお招きしました。

NR JAPAN様は、独自に体系化した認識技術である「観術」を用いて、日常生活やビジネスシーンなどで、イノベーション能力及びクリエイティブ能力を発揮する人材の育成に取り組まれています。

なぜ、人は新しい発想やクリエーション、チャレンジがなかなかできないのか?というと、「過去につかまれているから」であり、その状態から自由になることが必要だということで、詳しくお話しいただきました。

 

龍飛さんは、美容師時代、多くの人の見た目をきれいにすることに努めていましたが、見た目はきれいなのになぜだかきれいに感じない、その逆に見た目を飾ってないのに何か魅力的に感じるという感覚をお持ちで、それは仕事を一生懸命やるなどポジティブな気持ちでいれば輝いているし、我慢や無理などネガティブさを抱えて生きていればきれいでなくなってしまうのだということに気付きました。

お魚が、きれいな海か汚い海かどんな海で泳ぐかによって、どんなお魚になるかが決まるのと同じように、人もどんな環境、どんな時代、どんな社会で生きるかによって、自分が決まります。そのため、自分が生きている時代=海がどんなものなのかを知ることは大切なことだと言います。

今の時代は科学技術の進化が目覚ましく、特に「AI」という言葉は、毎日のようにニュースなどで目にするようになりました。このAIの知能は、人の知能の10の24乗(1兆の1兆倍)のスケールと言われており、2040年にはそんなAIロボットが100億体も存在するようになると言われています。10,20年後にはなくなる職業ランキングが話題となるほど、AIの脅威が迫るこれからの時代に、人は何をしていけばよいのでしょうか。

これまで人は、人以外の科学技術などを開発してきましたが、これからは人の性能をアップデートしていく必要があるのだとのことです。

人の判断基準はどうやってつくられているのかというと、住んでいる国・地域・時代・経済状態・教育・家族・周囲の人などといった環境から形成されます。

そのため、各々の価値判断基準=「観点」が固定された状態でコミュニケーションをとると、すれ違いが往々にして起こります。例えば日常会話や職場で、Aさんは、Aさんの判断基準でaという内容について話しているのに、Bさんは、Bさんの判断基準で、それをaという意味合いでとらずにbという意味合いでとってしまい、分かり合えないということが起こるのです。

この「観点」に縛られた状態で、思考や行動、精神、感情の範囲が決定されてしまっており、人の限界をつくってしまっています。

「観術」とは、この観点から自由になることができる認識技術のことです。

そこから自由になると、人は無限の可能性に満ちた世界で生きていくことができるのだそうです。

本来、このような内容をセミナーで1日や3日間かけて学んでいくとのことで、ご関心をお持ちいただけた方は、以下よりお申込みも可能ですので是非ご参加されてみてください。

http://www.nr-japan.co.jp/

— 第37回鉄壁クラブ 開催報告! —

2017年06月14日

第37回ゲスト:

GSクラブ 代表 中村公一様

6月13日(火)、第37回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、国際的視野を養うことを目的に海外進出・投資・教育などをサポートする、GSクラブの中村公一様を講師としてお招きしました。

中村様は新卒で香港の金融機関に就職をされ、そこで日本の『経済教育』の遅れに危機感を持たれたことから、「真の経済教育の普及を通じた社会貢献をする」ことを理念として、GSクラブを起業されました。12年目になる昨今は投資教育にも注力をしています。

今まで鉄壁クラブにて複数回、講師をお願いした方はいらっしゃいませんでしたが、中村様は今回で3回目となります。セミナー活動を開始して3年となる植頭ですが、それだけ中村様をセミナー講師として尊敬しているという証と言えます。

今回も『こどもに伝えたいお金の話』というタイトルでお話しいただき、内容については第33回開催のものと同様のものとなっておりますので、以下をご参照ください。https://hedgefund-sec.com/companyblog/seminar/1297/

こちらは子を持つお父さん向けの内容のため、植頭が立ち上げた鉄壁クラブ・パパ会のメンバーであるパパさんをご参加者にお呼びしての開催となっております。

このパパ会についてですが、植頭が当時1歳のお子さんの子育てに悩んでいた時に出会った一冊の本、谷亜由未様・著『1週間で男の子のしつけの悩みがなくなる本』が発足のきっかけでした。

この本が子育ての悩み解決の一助となり、子育ての悩みをもっと共有できる機会があればそれを和らげることができるのではないかと思ったことから、2016/6/22に発足しました。

今回は、パパ会1周年を迎え、中村様に改めて『こどもに伝えたいお金の話』ということでお話しいただきました。

中村様には当社の考えに賛同いただいており、全国に約5000人いらっしゃるGSクラブ会員様向けに、当社の考えや販売商品をご紹介いただく機会をたびたび頂戴しています。

GSクラブ様は、セミナーを全国各地で月に約30回開催をしており、その内容は初心者から上級者まで対象も多岐にわたるもので、植頭がとても共感する内容となっています。

中村様には、これからも鉄壁クラブにて、定期的にお話をいただく予定となっております。

http://www.globalsupport.com.hk/index.html

1 / 2312345...1020...最後 »

商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ