— 第24回鉄壁クラブ 開催報告! —

2016年10月20日

第24回ゲスト:

株式会社資産工学研究所 代表取締役 坂本善博様

10月17日(月)、第24回目となる鉄壁クラブを開催いたしました。

今回は、成功法則を本質で「見える化」し共有することで企業や個人の目標達成をサポートする「ナレッジファシリテーション」を行っている、資産工学研究所の坂本様にご講演いただきました。

「ナレッジファシリテーション」という言葉を聞いたことがない方も多いと思いますが、それもそのはず、創業以来18年間競合がいない坂本様オリジナルの手法なのだそうです。

坂本様がナレッジファシリテーターとなり、優績者が現場で培った知恵や秘訣を迅族かつ的確に取り出し整理していき、その本質を誰が見てもわかる状態へと体系化します。

具体的には、テーマを投げかける→ナレッジを取り出したい対象者に現場で見つけた知恵や秘訣をポストイットに書かせる→模造紙に貼り付ける→整理して切り口別の本質を浮かび上がらせる→さらに深堀りする、という手順で行われます。

そして、ただ「見える化」し理解しただけでは意味がないので、そのノウハウを「できる化」、すなわち定着させていきます。

坂本様はこの手法を富士山登頂に例えて、「5合目作戦」と呼んでいます。

富士山の登頂時、普通はいきなり1合目から登らず車などで5合目あたりまで行ってから登る場合が多いですよね。ところが社会人1年目には、名刺集めコンペなど富士山のいわゆる1合目から登らせ、耐えられず2~4合目で脱落してしまうというパターンは非常に多いです。ナレッジファシリテーションはそのような脱落者を出さず、一気に5合目まで登らせることが可能な、企業にとっても社員にとっても大変有益な手法なのです。

デキる営業になるには、デキる営業の真似をすることがまずは近道だとよく言われます。私も証券会社の営業マン時代にはその言葉を聞き、社内のトップセールスのやり方を見様見真似でなぞっていました。

しかし、そのやり方はその営業マンだからこそ出来るような再現性のないケースもあり、試行錯誤の繰り返しでした。

当時、この手法でトップセールスのノウハウに出会っていたらまた違った世界が見えていたかもしれないと思いました。

また、これはマネジメントや、仕事に限らない根本的なマインド・人としての基盤の部分といった定義が曖昧なものについても同様に「見える化」「できる化」が可能であり、どんなことにも応用がききます。

優秀な社長・経営者のノウハウの継承に困っている企業様や、『自分の取り扱い説明書』をつくってほしい方など個人・法人限らず様々な方がクライアントでいらっしゃるとのことでしたので、ご関心をお持ちいただけましたら弊社よりお取次ぎが可能ですのでご連絡くださいませ。

http://www.iire.co.jp/

— 第23回鉄壁クラブ 開催報告! —

2016年10月11日

第23回ゲスト:

株式会社グローバルトラストネットワークス 代表取締役 後藤 裕幸様

10月3日(月)、第22回目となる鉄壁クラブを開催いたしました。

今回は「東洋経済のすごいベンチャー100」にも選ばれたベンチャー企業の1つ、外国人専門の賃貸保証事業を展開する株式会社グローバルトラストネットワークスの後藤社長にご講演いただきました。

外国人が日本で部屋を借りる時、最大のハードルとなるのは「連帯保証人制度」です。

後藤様が外国人の知人から部屋を借りる時の保証人になってくれないかと頼まれ何人かの保証人になったことをきっかけに、日本は衣食住の「住」さえも満足に提供できないのかともどかしさを感じ、外国人が日本に住むための環境を変えようと決意されたそうです。

 

最初の3カ月は必死で営業しても申込みは1件、しかし少しずつ着実に実績を重ね今では累積62,000件と外国人賃貸保証分野では圧倒的ナンバーワンのポジションにまで成長しました。

 

現在では「住居×仕事×通信」という外国人の3大社会問題を解決すべく、「住居」分野の賃貸保証サービスだけではなく、「仕事」分野では国際人材紹介サービス、「通信」の分野では格安携帯電話サービスなども行っています。

「もっと日本を好きになってもらいたい、外国人が日本に来てよかったと思える社会を創りたい。」という思いから、外国人の受け入れ窓口としてベトナム、中国、ネパール、ミャンマーなどのアジアに進出する計画も進んでいます。

 

「何でもできるは、何もできない。これしかできない、けどこれならうちが1番。」

そう自信を持ってお話ししてくださった社長の人柄がとても魅力的で、会社への愛情、社員への愛情、日本を変えていこうという情熱を強く感じました。

そんな社長の下で働く社員の7割は外国人の方です。

講演の途中で社員の方々のビデオを見させていただきましたが、会社に対する愛溢れるメセージが多く、多国籍、多民族でありながらお互いを信頼し合う家族のような関係を築いている温かい会社だと思います。

 

近年日本の家族的なマネジメントはもう古いのではないかと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、このような古き良き日本の経営を大切にすることで成長している会社もあるということに誇らしさを感じました。

少子化が進み国内人口が減り人材不足になっていく日本にとって、これからさらに注目され重要な役割を果たす会社であると思います。

 

株式会社グローバルトラストネットワークス 

— 第22回鉄壁クラブ 開催報告! —

2016年10月03日

第22回ゲスト:

株式会社LiB 武井 梨名 様

9月29日(木)、第22回となる鉄壁クラブを開催致しました。

今回は株式会社LiBにてセールス及びPRを担当する武井様に「Forbes JAPAN Women Aword 2016~企業の女性活躍推進~」というテーマでお話しいだだきました。

LiBさんは、女性に特化した人材紹介や会員数6.5万人の転職サイトLiBzCAREERの運営等をしており、創立3年目にして急成長を遂げている人材ベンチャー企業です。

女性の中でも特にハイキャリア志向をターゲットにしており、元々有能であった主婦の方を有名外資コンサル会社に就職させてしまう等、驚きの実績を多数お持ちでいらっしゃいます。

その他メディアサービスとして、多様なキャリアのロールモデルを取材したLiBzWorkstyle、女性のライフスタイルに特化した内容のLIBzLIFE等を運営しています。

そしてこの度、ビジネス誌『Forbes JAPAN』とタッグを組んで、女性活躍を推進している企業ランキング「JAPAN Women Aword 2016」を新たに打ち出すこととなり、その取り組みについてご紹介いただきました。

女性の活躍推進をテーマにしたランキングは、今までにも様々な媒体が主体となり発表されてきましたが、女性の人数が多い・女性が働きやすい福利厚生が整っているといった表面的なものに基づくものでした。

そうではなく、実際に働く女性の事例やデータなどに着目して、女性が本当に活躍できている企業はどこか?といった観点を重視し、より信頼のおける指標を世に広めたいという思いからつくられたそうです。

もしトップ企業として表彰された暁には、『Forbes JAPAN』より取材が入り、女性活躍推進企業として表彰された旨を掲げることができるため、企業ブランディングの一助になることうけあいです。(たとえ選考に漏れてしまっても、エントリーするだけで『Forbes JAPAN』に企業名が掲載されます。)

本ランキングへのエントリーについては残念ながら9/30までとなっておりますが、毎年恒例のランキングとなることと思われますので、我こそはという企業様はぜひチャレンジしてみてください。

また、12月には『Forbes JAPAN』にて結果が掲載されますのでご報告致します。

http://www.forbesjapan.com/features/detail/lib_woman

10 / 27« 先頭...89101112...20...最後 »

商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ