— 第53回鉄壁クラブ 開催報告! —

2018年04月17日

第53回ゲスト:

Prosper beauty 松本美栄様

4月10日(火)、第53回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、南青山の姿勢美矯正サロンProsper beautyのオーナー・松本美栄様をお招きしました。

Prosper beautyでは、骨格美容矯正、痩身エステ、アロマリンパマッサージ、メンタルケアなど幅広い施術を行っています。

また、睡眠の質の改善に特化した施術(睡眠デトックスコース)も行っており、今回は良質な睡眠を得るためには、というテーマでお話しいただきました。

「睡眠」は、今や企業においてもメタボリックの次に改善すべき健康課題としてあげられ、DeNAやパナソニック、サントリーなど名立たる企業も、社員の睡眠改善のための取り組みを施しているほど、注目されています。

松本様もお客様へ施術していく中で、もっと高いパフォーマンスを上げられないか?と研究し続けた結果、良質な睡眠にたどり着き、今では一日約3時間の睡眠で過ごせるようになったそうです。

良質な睡眠=「濃縮睡眠」を実現するには、以下の三つのことを改善していきます。

1.脳疲労を解消する、2.血の巡りをよくする、3.気の流れをよくする

1の改善には、ソルフェジオ周波数(528Hz)や1/fゆらぎの音楽を聴く、キャンドルを見る(目から1/fゆらぎを受けられる)、瞑想をする、アロマを使う、などが有効だそうです。

施術では、脳疲労解消のツボに触れる「脳デトックス」により、頭が研ぎ澄まされキャパが広がり、体の疲れもリラックスした状態になるそうです。こちらは施術中、電気刺激のようなピリピリした感触やまぶたの奥に映像が見えるなどの現象が起きたりするそうで、いわゆる脳がアップデートされた様な状態になるとのことです。

2の改善には、運動不足や長時間の姿勢の固定による負担を減らすために、身体ストレッチ(肩甲骨をほぐす、指先などの末端をほぐすなど)をする、眼を癒す、などが有効だそうです。なお、寝る直前のスマートフォンの閲覧はエスプレッソ2杯分くらい目覚めさせてしまうとのことですので、お気を付けください。

3の改善には、猫背や頭蓋の矯正、呼吸や自律神経を整える、人混みへ行き過ぎない、パワースポットへ行く、などが有効だそうです。

施術では、頭蓋矯正により、頭が膨張して圧迫された脳の疲労を軽減することができます。

実際にこの「睡眠デトックスコース」の施術を受け、睡眠の質が改善したことによって50歳でも人生これからと思えた!という経営者の方などがいらっしゃり、睡眠改善によりパフォーマンスが変わったことで人生も大きく変わったという方は多くいらっしゃるそうです。

今回は、自分でできる改善方法や注意点などを中心にお話しいただきましたが、睡眠についてのお悩みがあり、実際に指導を受けながら改善していきたいという方は、お取次ぎが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

http://prosperbeauty-aoyama.com/

— 第52回鉄壁クラブ 開催報告! —

2018年03月29日

第52回ゲスト:株式会社M&Pラボラトリー様

3月27日(火)、第52回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、株式会社M&Pラボラトリー様をお招きしました。

M&Pラボラトリー様は、ストレスに負けない組織をつくるべく、企業へ「ストレスケアサービス」を提供されています。

ストレスケア事業部の大西様より、メンタルヘルスの現状及び事業内容についてお話しいただきました。

 

メンタル不調による経済損失は、年間でいくらになっているかご存知でしょうか。

その額は【2.7兆円】にものぼり、また、企業でメンタル不調者を一人出した時の経済損失は【422万円】となるそうです。

昨年話題になった過労による自殺者を出した電通は、1億6千万の支払い命令を受けています。

2016年に厚生労働省が50人以上の企業へはストレスチェックを義務化していますが、日本企業のメンタルヘルス対策の導入率は59%にとどまっており、精神疾患はまだまだ右肩上がりに増え続けています。

(ちなみに、かたや米国においては、トップ500企業のうち95%が導入しており、対策への投資効果は投資額の5~7倍と、充実しているようです。)

M&Pラボラトリー様は、まだ対策を導入できていない、または導入していても十分ではない企業様を、トータルでサポートしています。

ストレスに強い人・企業づくりには専門知識と技術がカギとなります。課題の発生要因を客観的に捉えること、状態にあった適切な対策を打つことが必要不可欠です。

ストレスチェックやレポートはもちろん、カウンセリング、施術(自律神経やホルモンバランス、体の歪みの改善など)、研修など、その道のプロのノウハウを幅広く提供し、より良い労働環境の創出に貢献されています。

実際に導入された企業様の従業員満足度は98%だそうで、従来の対策ではできなかった部分が改善された、社員からも絶賛されるほどの好評ぶり、などの声が上がっているようです。

ご興味をお持ちいただいた方はお取次ぎが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

http://mplabo.co.jp/

— 第51回鉄壁クラブ 開催報告! —

2018年03月16日

第51回ゲスト:

一般社団法人STRコミュニケーション協会 副理事長・二田口義孝様

3月14日(火)、第51回目となる鉄壁クラブを開催しました。
今回は、鉄壁クラブで4回目の講演となる、一般社団法人STRコミュニケーション協会様をお招きしました。

STRとは、陰陽五行説の考え方に基づき、人の脳のクセを○と□と△の3タイプに分類するものです。
大まかにいうと、○は日本人タイプで仲間とのつながりや和を重んじるタイプ(相互主義)、□はアメリカ人タイプで結果や報酬などを重視する(自己主義)、△は中国人やイタリア人タイプで感性が鋭く気ままである(自由主義)、というような特徴があるようです。
このようにそれぞれタイプによって脳のクセ(=反応傾向)に違いがあるとのことで、この違いにより、好き・嫌いや良い・悪いと感じるポイント、心に響くポイントなどがそれぞれ異なるため、ともすれば価値観の衝突が起きてしまいがちです。

今までは理事長の志和様にお話しいただいていましたが、今回は副理事長の二田口様にお話しいただきました。詳しくは過去の開催報告書をご参照ください(第43回、第46回、第48回)。

STRコミュニケーション協会では、気軽な学びの場として月に2回、朝活を開催しています。○△□について詳しく知りたい方、ご関心をお持ちいただいた方はご連絡ください。http://str.jp.net/

2 / 2912345...1020...最後 »

商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ