— 第57回鉄壁クラブ 開催報告! —

2018年08月24日

第57回ゲスト:

株式会社キエン 代表取締役 鈴木彩子様

 

8月21日(火)、第57回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、株式会社キエンの代表取締役・鈴木彩子様をお招きしました。

株式会社キエン様は、日本に来ているベトナム留学生に対し生活や学習、仕事等をサポートする事業を行っています。

今回は、「ベトナム留学生から学ぶ 脱“KY”宣言」(ここでは、KY=空気読むべき)というテーマで、ベトナム留学生の現状と、そこから学ぶコミュニケーションについてお話しいただきました。

鈴木様は、元々コスト削減のコンサルティング会社にお勤めだったのですが、そこで海外オフショアチームに配属されてベトナムへ出張した際に、なんと素晴らしい国なのだろうとベトナムにすっかり魅了されてしまったそうです。

そして2016年には同社内でベトナム人材事業をスタート、その後株式会社キエンを設立して独立し、現在に至ります。

 

さて、ベトナム人の留学生は日本にいったいどのくらいいるのでしょうか?

現在、留学生自体は約27万人にのぼり、うち7万人がベトナム人だそうです。

これは、2008年より政府が日本への留学生の呼び込みを後押し始めたためで、ベトナム人の留学ビザを申請できる基準は、日本語能力検定N5(中学生1年生の前半に習う英語くらいのレベル)の取得と非常にハードルが低いため、日本語をほとんど話せなくても留学ができてしまいます。加えて、ベトナム人にとっても日本で働くというのはとても魅力的なステイタスになっているそうで、ここ数年で急増しているのだそうです。

しかし、実はベトナム人の留学生を迎える仕組みは、現地では社会問題になっているほど問題をはらんでいるのだとおっしゃいます。

ベトナム人の場合、留学時は日本語学校に入学するというルートが約半分近くを占めているそうなのですが、その裏側として、あっせん業者は日本語学校へ留学生を送ることで、学校側が業者にキックバックをしているという現状があります。

この費用を、留学費に上乗せして留学生に請求するため高額になってしまい、親が借金をしてまで支払わなければならない状況になってしまうのだそう。そのため、留学生は勉強している時以外はアルバイトをして必死に返済をすることになります。

日本語をほとんど話せない留学生が働く先は、引っ越し業者や製造工場、物流倉庫などとなります。この現状を見て鈴木様は、どんなに自分は無関係だと思っても私たちが日常的に使うコンビニや配達など、暮らしの裏には彼らがいる、その彼らに今の日本人はあぐらをかいていないだろうか、と訴えます。

観光客など他所からのお客様には「おもてなし」と言う半面で、同僚や店員といった近い存在になった途端に「郷に入りては郷に従え」と手のひらを返す姿勢に、疑問を抱くようになったそうです。

こうした現状から、日本人のコミュニケーションを変えていくべきではないかと、おっしゃいます。

日本人の会話を読み解くと、例えば夫が妻に「おい」と言うだけでも「お茶を持って来てくれ」の意図だと伝わるだろう、と考えられがちです。この「相手が察して然るべき」という考えを、身近な相手に対してほど抱きがちな傾向があります。

鈴木様は、このような、一方的に投げて受け取れ!というコミュニケーションをするのではなく、相手の存在や背景を認めてどうしたら受け取ってもらえるか?を考えませんか、とご提案されています。

これを「手渡し日本語プロジェクト」として、著作『日本語→日本語翻訳ワークブック&絵本』を間もなく出版予定だそうです。

ご共感の上、お力添えをいただける方は、お取り次ぎが可能ですのでお気軽にご連絡ください。

https://www.kien.co.jp/

— 第56回鉄壁クラブ 開催報告! —

2018年07月13日

第56回ゲスト:

日本デジタル終活協会 代表理事・弁護士・公認会計士

伊勢田篤史様

7月10日(火)、第56回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、日本デジタル終活協会の代表理事を務める、弁護士・公認会計士の伊勢田篤史様をお招きしました。

多様なご経歴をお持ちの伊勢田様。大学在学中に公認会計士に合格しあずさ監査法人に勤めた後、司法試験に合格し弁護士へ転身。主に相続分野に携わった後、二年前に日本デジタル終活協会を設立し代表理事に就任し、「終活弁護士」として、経営者向けにデジタル終活の勧めを提案されています。

今年には株式会社Beyond Consultingを設立され、業務承継コンサルタントとして、経営者が突然亡くなった際の対策等、事業承継対策の提案活動もされています。

 

今回は、日本デジタル終活協会 代表理事として、「経営者のためのデジタル終活」をテーマにお話しいただきました。

そもそも「デジタル終活」とは何かというと、「デジタル遺品(PCやスマホ上のデータ、インターネットのアカウント等)に対する死後の取り扱いについて考える活動」と定義されています。

つまり、PCやスマホ、インターネットに残っているデータを、自分の死後、隠して見られないようにする対策・残して引き継ぐ対策を取ることで、自分や家族が困らないようにするというとです。

隠したいデータとしては、次のようなものがあげられます。

①自分自身が恥ずかしいもの:アダルトコンテンツ、家族に内緒にしている趣味など、②家族を不幸にするもの:不倫相手との記録、異常な趣味が分かるものなど。

一方で、残したいデータとしては、次のようなものがあげられます。

①ビジネス関係の資料:引継ぎや処分が必要                   ②インターネット金融機関(特に証券会社):家族に伝えていない場合、リスク商品については多額の追加証拠金を請求されることもあるため注意             ③ブログやHP:故人サイトとして犯罪に使用されることもあるため注意。

 

対策のステップとしては、デジタル遺品となるものはどのようなものがあるか棚卸する→絶対隠したいもの・出来れば隠したいものと、絶対残したいもの・出来れば残したいものに分類する→各対応策を記録する(エンディングノート等作成)、となります。

エンディングノートもデジタル終活協会オリジナルのノートがあり、この一冊に記入していくことで、網羅して整理できるようになっています。

 

デジタル終活は、インターネット、スマホが当たり前となった昨今では注目されてきており、伊勢田様も各種セミナーやメディアへ引っ張りだこのようです。

NHK「あさイチ」、テレビ東京「WBS」、TBS「白熱ライブ ビビット」、ほかラジオ番組等へ出演、NIKKEI STYLEにてインタビュー提供、「女性自身」にて特集記事の提供、専門書籍の監修などと活躍の幅を広げられています。

ご興味をお持ちいただいた方はお取次ぎが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

http://digital-shukatsu.net/

— 第55回鉄壁クラブ 開催報告! —

2018年06月27日

第55回ゲスト:

株式会社サウスラッチ・代表取締役 松本喜朗様

 

6月19日(火)、第55回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、株式会社サウスラッチ・代表取締役の松本喜朗様をお招きしました。

松本様は過去に、大手旅行代理店での法人営業、大手通信会社の立ち上げ参画、大手医療・介護グループでの人事部長、IT企業での人材採用・開発、人材派遣会社の代表取締役などの経験を経て、2017年7月に人材紹介サービスを展開する株式会社サウスラッチを設立しました。

その傍らで、ラジオ番組の企画・運営もしていらっしゃり、今回は(「ビジネス特許を使った超低価格の広告戦略」として、)ラジオを利用した広告戦略についてお話しいただきました。

 

ラジオ番組名は「ラジオ2951(フクコイ)」。

毎週日曜夜20時にFM放送局より配信されている地方創生をテーマとした、リスナー参加型プレゼント番組です。毎回、経営者の方を中心にゲストにお呼びしてお話を伺っており、当社代表の植頭も6/17にゲスト出演致しました。

このラジオ2951がなぜ広告戦略に有効かというと、配信されている全国94局のコミュニティFMは視聴可能人口2500万人となっており、リスナーはプレゼント応募の際にアンケートに回答、その後リスナーへ読ませたい広告を表示させることができます。

このアンケート回答は1000件近くも集まるそうで、それだけの見込み顧客のデータベースを獲得でき、また、そこへメルマガ配信などのアプローチが可能となります(この獲得できるデータベースは、性別・年代・職業・郵便番号・結婚の有無・子供の有無と幅広い属性情報となっています)。

プレゼント応募はスマートフォンからのみとなっており、こうして顧客情報を集めるビジネスモデルのとして、特許を取得しているそうです。

 

ラジオ番組というのは通常、オールナイトニッポンのような全国放送の有名番組ですと、なんと出演するのに冠10分コーナーでさえ1200万円(!)かかります。テレビ番組でのCMは200万円以上、雑誌の広告欄は100万円以上とそれなりにかかるのですが、ラジオ2951では相当な低価格での広告が可能になるそうです。

 

また、ラジオ2951は、保険・士業の方などに対しては、自身の顧客サービスツールとしても有効で、「いつものお礼に自分のラジオ番組に出ませんか?」と取引企業のトップを番組出演させることで接待としての活用も可能です。

ご興味をお持ちいただいた方はお取次ぎが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

http://www.southlatch.com/


商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ