— ワインファンド、レセプト債の問題 —

2016年03月16日

昨年末から相次いで発覚したワインファンドの虚偽事件とレセプト債の破綻問題で、それぞれ続報が出ています。このような事件は今後も手を替え品を替え出てきてもおかしくありません。
積極的に行っているセミナー活動を通じて

・そんなに甘い話は転がっていないこと

・実態のわからないものには投資ししてはいけないこと

―当たり前のことですが、より力強く訴えていきたいと考えています。

— セミナー開催報告! —

2016年03月09日

37日(月)に、ニューオータニガーデンコートにある紀尾井フォーラムで、GSクラブ様との共同セミナーを開催しました。 

まずはGSクラブ代表の中村様から「まとまった資金を効率的に運用するにはどうすればよいのか?」をテーマに講演していただきました。 

お話の中で印象的だったのは、会社の価値をリンゴの木で例えた話。              「リンゴが100個なる木(会社)をいくらで買うか」というお話なのですが…

リンゴ1個が100円ならば、

100円×100個=1万円

…1万円が、リンゴが100個なる木(会社)の「現在の資産」となります。

 ただその木には来年以降もリンゴがなる可能性があるので、将来の収穫が予想されるリンゴは会社で例えると「将来の収益」になるというお話です。                       今なっている100個のリンゴだけではなく、将来とれるリンゴも含めて会社の価格となるのですね。会社の価格もリンゴの木の価格に置き換えて考えてみるととてもわかりやすいです!

その他にも、リスクとリターンやリスクマネージメントの手法などを大変わかりやすくご説明してくださり、資産運用全体のお話もしていただいたので、ご来場の皆様にも満足いただけたようでした!                                                    また、代替投資(不動産やヘッジファンド等)のお話も、ご参加の皆様にヘッジファンドの有効性をより深くご理解いただいたくきっかけになったようでした。

この度もたくさんの方にご参加いただきましたことを心よりお礼申し上げます!

 

— 第9回 鉄壁クラブ開催報告! —

2016年02月25日

9回ゲスト:株式会社コミアル 代表取締役 世良 淳 様

 

2月24日(水)、第9回目となる鉄壁クラブを開催いたしました!

今回お越しいただいたコミアル様は、社内用の各種マニュアル類や文章から、会社案内やDM、パンフレットなどの販促ツールまでの作成をとてもリーズナブルな価格で請け負っておられ、なんとこれまでの制作実績760件を超えるそうです!

今回は、「マンガが担うプレゼン術 ~あなたの代わりに営業・教育をします~」というテーマで講演をしていただきました。

世良様は、かつて企業で8年間新入社員の教育を担当し、その時に漫画教材を作って効果をあげた経験を活かし、現在は伝わるマンガ、読みたくなるマンガの制作を手掛けていらっしゃいます。

マンガを制作するにあたり、「ワクワク感」をとても大切にしていらっしゃるそうです!たとえば、『マンガでわかる』という吹き出しをつけるだけでもその「ワクワク感」が出るそうで、実際に『マンガでわかる ヘッジファンド証券』という表紙を作成してきてくださったのですが、私はまさについ続きが読みたくなるわくわく感が湧きました!!

 

 

どうですか?皆様も続きが気になりませんか?

ビジネスの様々な局面で、「伝えたいことが伝わらない」というもどかしさを感じることがあると思います。

そんな時こそマンガを活用することはとても有効であると感じました!

コミアル様のお話をもっと詳しく聞いてみたい、マンガを制作したい、とお考えの方は取次ぎをいたしますので、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。

コミアル様の詳細はぜひ下記リンク、ホームページよりご確認ください。

http://www.mangamanual.com/

 

皆様からのご連絡をお待ちしております!


商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ