— 第21回鉄壁クラブ 開催報告! —


  • シェア
2016年09月16日

第21回ゲスト:

SBヒューマンキャピタル株式会社 三倉様・中林様

9月13日(火)、第21回目となる鉄壁クラブを開催いたしました。

今回はソフトバンクグループで人材事業を手掛けるSBヒューマンキャピタル株式会社の経営企画部企画担当部長三倉様とプロ雀士としての横顔もおもちの中林様に「プロスポーツ選手のセカンドキャリア支援事業」についてお話しいただきました。

プロスポーツ選手というと一見輝かしい世界のように感じますが、野球でいうと1000人を超えるプロの選手の内、毎年多い時で100人が戦力外通告を受け引退しているのが現状だそうです。しかもその宣告は突然にきます。

そんな引退に追い込まれた選手の第二の人生をサポートしているのが、このSBヒューマンキャピタル。SBヒューマンキャピタルでは、引退した選手に対して直接連絡を取るようなことはせず、選手会を通じて間接的にこのサポート事業を知ってもらうように働きかけています。

もしも選手がこのサービスを通じて一般企業に就職が決まった場合でも、人材紹介料などは一切いただかないそうです。プロ野球の世界でも「巨大戦力」と呼ばれるソフトバンクだからこそできることではありますが、素晴らしい社会貢献ですよね。

プロスポーツ選手になる人というと、ずっとスポーツに注力してきたため学歴や社会経験にアドバンテージがあるかもしれませんが、1つのスポーツに真摯に立ち向かい、努力を重ねてきた根性や厳しい上下関係の中で培った礼儀正しさ、チームプレイを重要視する仲間意識の強さなどの魅力を持った人材です。

参画企業側は、そんな人材を紹介手数料なしで採用することができるということ、そしてアスリートのセカンドキャリアを支援するという社会貢献活動になるため、採用・CSRブランディングにつながるというメリットがあります。

今回はたまたま参加者の中に元プロ野球選手の方がいらっしゃり、お話のあと感想をいただきました。

「実際に引退となった時はどうしたらいいか分からず、野球しかやってこなかったので困りました。もっと早くこのサービスがあったら良かったなと思います。今のプロ野球選手にとってとても心強いサービスなのでより多くの人に知ってもらいたいです。」

是非参画企業になりたいという方や、プロスポーツ選手の採用にご興味があるという方は弊社にてお取次ぎが可能ですのでお気軽にご連絡ください。プロ雀士があなたの会社に伺います。

SBヒューマンキャピタル株式会社

 


商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ