— 第29回鉄壁クラブ 開催報告! —


  • シェア
2017年02月10日

第29回ゲスト:

株式会社ティア 代表取締役社長・冨安徳久様

2月8日(水)、第29回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、東証一部上場企業である葬儀会社・株式会社ティアの代表取締役社長で、葬儀業界の革命者とも言われている冨安徳久様にお話しいただきました。

株式会社ティアは葬儀会館「ティア」を運営しており、「日本で一番『ありがとう』と言われる葬儀社」を目指し、1997年に名古屋市で創業されました。

冨安様は愛知県で果樹園農家の長男として生まれ、ご両親から「自立しなさい」、「人のために生きなさい」、「目の前にしんどい道と楽な道があったら必ずしんどい道を選びなさい」と折にふれ繰り返し言われ育ったそうです。

そして冨安様がこの業界に入ったきっかけは、高校時代の葬儀社でのアルバイト経験でした。葬儀終了後、ご遺族の方が先輩社員に「夫を一生懸命におくってくれてくれてありがとう。私が死んだ時もまたあなたがおくってね。」と涙ながらに先輩にお礼を言い感謝する姿に感銘を受けたそうで、既に決まっていた大学進学への道も辞退し葬儀社の社員として働くことを決心したのだそうです。

その後、2番目に働いた葬儀社にて、お客様に提示している葬儀の価格が不透明なことや生活保護者の葬儀を行わないという方針に衝撃を受け、葬儀業界の悪しき慣習をはらうべく自ら葬儀社を立ち上げることを決意します。

創業して必ず10年で上場する、上場できなかったら社長をやめるという決意で自らを「余命10年」と言い聞かせ、自分を追い込むことによって見事創業8年目には上場を果たされました。

そんな冨安様は社員教育をなにより大切にしていらっしゃいます。

先述の幼少期の経験から理念教育等について、まず繰り返し聞かせ丸暗記をさせれば、その言葉の意味が分かった後は、覚えたことが頭に浮かび自然とその理念を体現する、という教育方法が行われています。その他、モチベーションについて、お金などの外的要因ではなく自分の思いなどの内的要因でないと持続しないとのお考えから、「何のために・誰のために仕事をするのか?」「自分は何を成し遂げたいのか?」「なぜティアでなければいけないのか?」を、時間をかけてでも見つけるよう教えています。

約40分と短い時間ながら、冨安社長の仕事、社員に対する熱い思いがひしひしと伝わってくるスピーチで、参加者の皆様もそれぞれ大変感銘を受けられたようでした。

株式会社ティアでは、葬儀会館ティアのフランチャイズ展開をしており、高い志で共に葬儀業界を盛り上げてくださる企業様を募集しています。社会貢献性が高く右肩上がりの業界で、新たな事業の柱として会館運営に挑戦したいとお考えの方は、お取次ぎが可能ですのでご連絡くださいませ。

http://www.tear.co.jp/FC/


商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ