— 第38回鉄壁クラブ 開催報告! —


  • シェア
2017年07月03日

第38回ゲスト:

株式会社NR JAPAN 一 龍飛 様

6月27日(火)、第38回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、株式会社NR JAPANの一 龍飛さん(いち りゅうび)を講師としてお招きしました。

NR JAPAN様は、独自に体系化した認識技術である「観術」を用いて、日常生活やビジネスシーンなどで、イノベーション能力及びクリエイティブ能力を発揮する人材の育成に取り組まれています。

なぜ、人は新しい発想やクリエーション、チャレンジがなかなかできないのか?というと、「過去につかまれているから」であり、その状態から自由になることが必要だということで、詳しくお話しいただきました。

 

龍飛さんは、美容師時代、多くの人の見た目をきれいにすることに努めていましたが、見た目はきれいなのになぜだかきれいに感じない、その逆に見た目を飾ってないのに何か魅力的に感じるという感覚をお持ちで、それは仕事を一生懸命やるなどポジティブな気持ちでいれば輝いているし、我慢や無理などネガティブさを抱えて生きていればきれいでなくなってしまうのだということに気付きました。

お魚が、きれいな海か汚い海かどんな海で泳ぐかによって、どんなお魚になるかが決まるのと同じように、人もどんな環境、どんな時代、どんな社会で生きるかによって、自分が決まります。そのため、自分が生きている時代=海がどんなものなのかを知ることは大切なことだと言います。

今の時代は科学技術の進化が目覚ましく、特に「AI」という言葉は、毎日のようにニュースなどで目にするようになりました。このAIの知能は、人の知能の10の24乗(1兆の1兆倍)のスケールと言われており、2040年にはそんなAIロボットが100億体も存在するようになると言われています。10,20年後にはなくなる職業ランキングが話題となるほど、AIの脅威が迫るこれからの時代に、人は何をしていけばよいのでしょうか。

これまで人は、人以外の科学技術などを開発してきましたが、これからは人の性能をアップデートしていく必要があるのだとのことです。

人の判断基準はどうやってつくられているのかというと、住んでいる国・地域・時代・経済状態・教育・家族・周囲の人などといった環境から形成されます。

そのため、各々の価値判断基準=「観点」が固定された状態でコミュニケーションをとると、すれ違いが往々にして起こります。例えば日常会話や職場で、Aさんは、Aさんの判断基準でaという内容について話しているのに、Bさんは、Bさんの判断基準で、それをaという意味合いでとらずにbという意味合いでとってしまい、分かり合えないということが起こるのです。

この「観点」に縛られた状態で、思考や行動、精神、感情の範囲が決定されてしまっており、人の限界をつくってしまっています。

「観術」とは、この観点から自由になることができる認識技術のことです。

そこから自由になると、人は無限の可能性に満ちた世界で生きていくことができるのだそうです。

本来、このような内容をセミナーで1日や3日間かけて学んでいくとのことで、ご関心をお持ちいただけた方は、以下よりお申込みも可能ですので是非ご参加されてみてください。

http://www.nr-japan.co.jp/


商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ