— 第41回鉄壁クラブ 開催報告! —


  • シェア
2017年09月13日

第41回ゲスト:

公益社団法人全国野球振興会 砂原元様

9月7日(水)、第41回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、公益社団法人全国野球振興会(プロ野球OBクラブ)の砂原元様を講師としてお招きしました。

全国野球振興会は、プロ野球OBが各野球事業を通じて、野球の楽しさや面白さを伝えながら社会へ貢献されている、国内のプロ野球関連団体の中で唯一の公益社団法人となっています。

「野球界への恩返し」を合言葉に(近年は「スポーツ界への恩返し」へと対象を広げつつあるようです)、現在は全国各地で約1300名のプロ野球OB会員の方が、ボランティア精神で活動をしていらっしゃいます。

具体的な事業内容としては、「全国少年少女野球教室」の開催、各種野球教室への講師派遣、野球指導者への技術講習会の開催、講演会への講師派遣、プロ野球ファンとのふれあいの場としてチャリティーイベント等の開催、と多岐にわたり、いくつかの基幹事業についてお話しいただきました。

「全国少年少女野球野球教室」はダイワハウスが主な協賛となり年に1度開催され、20年間で延べ24万6692人の小学生が参加しています。毎回、子供は1万人、派遣指導者も400人近くが参加するという、同日に行う野球教室としては類を見ない大規模な事業となっています。ほか野球教室の一つとして、北海道の芦別にて小学生100名超の規模で2泊3日のサマーキャンプなども開催しているそうです。

また、チャリティーゴルフイベントには野球ファンが集い、ゴルフ後の交流パーティーへの希望者も多数いらっしゃって盛り上がりを見せているようです。

ただ、活動においては次のような課題もあるそうです。

・OB会員:OBクラブに入会しても選手の時のようなステイタスや注目、金銭を得られないため、会員となるメリットが感じられない

・野球ファン:OBの知名度は年を追うごとに低下してしまうため、ファンへのOBクラブの存在、活動の認知が高まらない

・メディア:OBより現役の報道にバリューがあり、また、昨今では野球コンテンツの勢いを欠くため、OB報道にメリットがない

しかし、プロ野球OBは、野球の楽しさや大変さを知っており、その経験や技術を伝えていくことができる社会・地域の宝ともいえる存在である、と砂原様は感じており、その存在意義・社会的価値を高め、この現状を打破するべく職員の皆様は現在、奮闘中とのことでした。

 

私たちもプロ野球OBでなくとも、賛助会員という形で、年間1口10000円で支援をすることができ、会員になると、直筆サインボール・プロ野球観戦チケット優先購入・会員限定企画への参加権などといった、特に野球ファンには魅力的な特典があります。

また、野球に関するお困りごとがありましたら、何かしらの形でご協力ができるかもしれないとのことでした。

野球好きな方はもちろん、ご家族やご友人、お客様に野球好きな方がいらっしゃいましたら、お取り次ぎが可能ですのでご連絡くださいませ。

https://www.obclub.or.jp/


商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ