— 第43回鉄壁クラブ 開催報告! —


  • シェア
2017年10月19日

第43回ゲスト:

アジア・ダイナミック・コミュニケーションズ株式会社 代表取締役・佐藤大輔様

一般社団法人STRコミュニケーション協会 理事長・志和信幸様

10月12日(木)、第43回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は二人の方を講師にお迎えしました。

第一部:一般社団法人STRコミュニケーション協会の理事長・志和信幸様

第二部:アジア・ダイナミック・コミュニケーションズ株式会社の代表取締役・佐藤大輔様

 

第一部の志和信幸様は、世界一やさしい帝王学『STR』を用いて、「自分と世界を幸せにしよう」という理念のもとセミナー活動等をされています。

STRとは、陰陽五行説の考え方に基づき、人の脳のクセをの3タイプに分類するものです。

大まかにいうと、は日本人タイプで仲間とのつながりや和を重んじるタイプ(相互主義)、はアメリカ人タイプで結果や報酬などを重視する(自己主義)、は中国人やイタリア人タイプで感性が鋭く気ままである(自由主義)、というような特徴があるようです。

それぞれタイプによって脳のクセに違いがあるとのことですが、大切なのはこれをふまえて自他の違いを認識することで相手を認め、平和な関係性を築いていくことだそうです。

そのため、夫婦関係、親子関係、職場関係など様々な関係性において活用していくことができ、志和様も元々お勤めだった損害保険会社のお客様との関係や、子供との関係がSTRによって大きく改善されたそうです。

STR協会では今後、気軽な学びの場として月に2回、朝活を開催していく予定です。○△□について詳しく知りたい方、ご関心をお持ちいただいた方はご連絡ください。http://str.jp.net/

 

第二部の佐藤大輔様は、内田クレペリン検査という能力・行動特性検査を、タイを中心とした東南アジア諸国の企業に導入し、主に採用や人材育成等の支援をされています。

内田クレペリン検査とは、並んでいる一桁の数字を、1分ごとに行を変えながら足し算をしていき、それを5分間の休憩をはさんで前半と後半で各15分間ずつ合計30分間行う検査です。

検査中は脳がフル回転状態になっていることがわかっており、ある一定のストレス下ではどのような行動をするのか、ということを把握することができ、また、足し算という模擬的な作業をさせることにより、実際の仕事ぶりをみることもできます。

作業自体は一桁の足し算のみであるため言語や文化の制限なく受験することができ、海外において人材の特性を把握し活用していくには大変適したツールとなっています。

既に、タイにおいては5000人、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、ラオスなどでは数百人規模でサンプリングをされていて、各国でやや異なる特色が見られました。

タイは余計なことはしない性分のため気持ちに余裕あるのタイプが多い、ベトナムは検査開始前から気合が入っている様子が見られ初動に勢いがある、ミャンマーやカンボジアは多様性があり頑張りたい意欲のある人が余っている、ラオスは東南アジアの中でものんびりやさん、など、アジア諸国でビジネスをされている方にとっては大変参考になるのではないかと思います。

こちらもお取次ぎをすることが可能ですので、ご関心をお持ちいただいた方はお気軽にご連絡ください。https://adc-japan.com/UK/


商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ