— 第45回鉄壁クラブ 開催報告! —


  • シェア
2017年11月20日

第45回ゲスト:

株式会社ノーズフー 執行役員・伊藤悠様

11月14日(火)、第45回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は株式会社ノーズフーの執行役員・伊藤悠様にお話しいただきました。

 

株式会社ノーズフーは、中小企業情報サイトの運営や、webマーケティング事業、プロモーション事業など、幅広い形で中小企業支援をされている企業です。

代表の加藤様は過去に、経済産業省の後援を受け、日本に起業文化を確立するというミッションをかかげて2003年に発足した起業支援プロジェクト「ドリームゲート」に携わっており、その後2006年にノーズフーを立ち上げました。

伊藤様は、その代表の方とのご縁で入社し現在に至るそうですが、幼少期からの海外経験が長く、そのドラマチックで印象深い生い立ちからお話しいただきました。

 

伊藤様の海外生活は、6歳の頃にご両親の都合でオーストリアのウィーンに移住したところからはじまりました。その2年後にはソビエト連邦のモスクワへ移住し、途中日本帰国をはさみ、中学3年生からは英国・米国にて寮生活をいとなみます。

高校時代には教師と揉めてしまい一人で日本帰国するも、自分で働いてお金を貯めて再度編入し直すなどひと悶着ありながら卒業を果たすのですが、大学時代にもまたトラブルが発生し帰国。父親と勘当状態となってしまい、社会人生活のはじまりは日本の井の頭公園ボート場のアルバイトだったそうです。しばらくのアルバイト生活を続けた後、27歳で歩いて日本を縦断するという旅に出発し、半年かけて鹿児島-札幌間を完歩。その後、ボート場アルバイト時代の上司の同級生で、以前から草野球で知り合いだった加藤様が株式会社ノーズフーを設立したのを機に、入社したそうです。

ノーズフーの強みは次の三つとなります。

①ネットワーク:こちらが最大の強みとなっており、各分野の経営者、起業家、専門家、ビジネスパーソンとの繋がりを多く持っています。

②マーケティング:独自にも複数の事業を運営しているため、その豊富な経験と実績から得たノウハウをお客様に提供し、各分野の企業に対しマーケティング支援を行っています。

③メディア:大手メディアやお客様が実施する関連性の高いサービスと連携しており、また複数の自社メディアを運営しています。

 

伊藤様が主に携わっている中小企業向けの自社運営メディア『イノベーションズアイ』は、挑戦し続ける「企業・起業家・ビジネスパーソン」を応援する企業情報サイトで、現在では1.2万人が会員となっています。元気で活力ある企業を『発掘』し、新聞・WEBメディアから『発信』し、ビジネスネットワークで企業の『発展』につなげることを目的としています。http://www.innovations-i.com/

こちらの会員となると、サイト内に企業ページを保有して各種情報を発信できるほか、フジサンケイグループ発行の総合経済新聞『フジサンケイビジネスアイ』への記事掲載(この際には事務局による編集サポートも受けられます)、会員へメルマガ・SNSで直接配信、ヤフーなど関連メディアへの転載などが可能となり、掲載コラムが好評な場合には電子書籍の出版ができることもあります。

また、ビジネススキルの向上のためのセミナーやイノベーションズアイ主催での交流会、大手企業や支援機関と連携した交流会、新聞社・支援機関・ファイナリスト等の中小ベンチャー企業の経営者が多数参加する革新ビジネスアワードなどを開催しており、こちらも活用できます。

中でも特筆すべきは、中小企業支援を目的としていることもあり、広告費が大変リーズナブルな点です。某PRサイトや、PRサイト支援サービス、インタビューサイトなどでは、年間100万前後の費用がかかるところ…初年度は年間23万円、次年度以降は年間18万円と格段の差をつけています。他、スタンダード会員、ライト会員という更に気軽に入会可能なプランもあります。

ご関心お持ちいただけた方へはおつなぎが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。http://knowswho.co.jp/

 


商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ