— 第46回鉄壁クラブ 開催報告! —


  • シェア
2017年12月08日

第46回ゲスト:

株式会社ラーニングコネクションズ 代表取締役・早川幸治(Jay)様

一般社団法人STRコミュニケーション協会 理事長・志和信幸様

 

11月30日(木)、第46回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、二人の方を講師にお迎えしました。

第一部:株式会社ラーニングコネクションズ 代表取締役・早川幸治(Jay)様

第二部:一般社団法人STRコミュニケーション協会 理事長・志和信幸様

 

第一部の早川幸治様は、英語モチベーションブースターとして、結果の出るTOEIC対策を提供されており、これまで全国120社以上の企業、大学、高校で英語研修や授業を担当されています。研修先はユニクロや楽天など大手企業にもわたり、ルー大柴さんと一緒に講師をされるなど、幅広くご活躍されています。

植頭は、英語を30歳から独学で勉強し話せるようになったのですが、早川様のメルマガとの出会いが大きかったそうです。

そんな輝かしい功績をお持ちの早川様ですが、セミナー講師を始めたばかりの頃は、「先生は嫌いではないけど、教え方がヘタ」とアンケートにかかれてしまうような状態だったそうです。当時、相当落ち込んだ早川様は、どうしたらプレゼンテーション力が上達するか?について、各種講演や演説などに赴いて伝え方を分析・研究し磨かれたそうで、そんな早川様のプレゼンテーションノウハウを今回はお話しいただきました。

プレゼンには「英語思考」が必要だとおっしゃられます。アメリカでは、プレゼンが理解できなかった場合、悪いのは聞き手の自分ではなく、わかるように伝えられなかった話し手だ、と考えるのだそうです。かたや「日本思考」では、察するべきという文化からか、受け取れなかった聞き手が悪いとどことなく考えられがちですが、過去の早川様のプレゼンはこちらに近かったと気付き、構成を変えたそうです。

その構成は、「聞きたい」を作り出す次の3要素が大切だと考えられています。①構成:ナビゲーションの役割、②たとえ話:イメージさせる役割、③体験:感情を喚起させる役割、です。確かに、早川様のプレゼンは聞き手を導く構成となっており、例え話もふんだんに使われていました。

体験については、実際に英語を聞いて体験させていただきました。私は、英語はリスニングが最も苦手意識が強いのですが、体験後には、英語耳にするのはこんなに簡単なんだ!という驚きと感動があり、もっとやったら上達しそう!とかなり感情が動かされました。

限られた文字数のため魅力をお伝えしきれていませんが、このようなノウハウを毎朝受け取れる早川様のメルマガ「プレゼンブースター」は、こちらから無料で登録が可能です→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSxIRnMoiEv プレゼンを学びたい方は是非ご登録くださいませ。

 

 

第二部の志和様は、第43回鉄壁クラブでもお話しいただいており、世界一やさしい帝王学『STR』(陰陽五行説の考え方に基づき、人の脳のクセを○と□と△の3タイプに分類する)を用いてセミナー活動等をされています(詳しくは第43回をご参照ください)。

今回は特に、親御さんとお子様のコミュニケーションで気を付けたいことを中心にお話しいただきました。かくいう志和様もSTRによって、お子様との関係が大きく改善されたそうです。

志和様は、「コミュニケーション」とは「相手が何を受け取ったかその反応のこと」であるとして、何を言うかではなく、どのように言うか、が最も大切とおっしゃいます。

言葉一つとっても、ある人にとっては嬉しくても、別の人にとっては怒りに感じられることがあります。これは○□△で脳のクセが異なるため仕方のないことなのですが、もし例えば親が□で子が△だった場合、これを知らずにコミュニケーションをしてしまうと、子に大きなストレスを与えてしまう場合があります。例えば、□は期待しているほど厳しく言うが、△は放っておいてくれ!と思っている、などです。そのため、互いの違いを知ったうえで、それぞれのタイプにあわせた言い方伝え方をすることで、良好な関係性を築いていくことができるのです。

もっと○△□について詳しく知りたい方、ご関心をお持ちいただいた方はご連絡ください。http://str.jp.net/


商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ