— 第49回鉄壁クラブ 開催報告! —


  • シェア
2018年02月20日

第49回ゲスト: ボイストレーナー・毛利大介様

2月14日(水)、第49回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回はボイストレーナーの毛利大介様にお話しいただきました。

 

毛利様は元々シンガーソングライターとして活動していましたが、2009年よりボイストレーナーとして声に悩む方々の指導にあたっています。

企業の営業マンなど延べ2000人以上を指導されており、生命保険会社や商工会議所などで年間約50件セミナーを開催されています。

 

昔から声が小さくて通らない… 声が低すぎてコンプレックス… もっとカッコイイ声だったら良かったのに… など声にお悩みがある方々、声は生まれつきのものだと諦めている方も多いと思います。

 

しかし実は、声は8割は生まれつきのものではありません。

2割は元々持っている声帯の大きさで、多少の高低の音域は決まってしまいますが、8割は「クセ」によるものなので、トレーニング次第で自在に変えることができるのです。

 

では、「いい声」はどうやって出すことができるのかというと、ずばり「身体が鳴っている声」を出すことなのだそうです。

この「身体を鳴らす」には、音=振動を大きくすればよく、方法は2つあります。

①楽器の弦は強く弾くほど大きな音がするのと同じ原理で、息の量を多くすること。②お風呂で歌うと上手に聞こえるのと同じ原理で、空洞で振動を共鳴させること。身体にも、胸(肺)、口、鼻、頭(頭がい骨)の4か所に空洞があるので、その空洞を鳴らせばよいのだそうです。

 

毛利さん曰く、声の種類は、①息が多い・少ないの2分類×②鼻・口・胸のどこを振動させるかの3分類=6分類にすることができるそうです。この組み合わせによって、安心感がある声だったり通りやすい声だったりと変えることができます。

例えば、受付で安心感のあるような声は息多め・鼻の振動で出すことができ、カラオケで上手に聞こえる声は息多め・口の振動、福山雅治のような「究極のモテ声」は、息多め・胸の振動で出すことができます。

 

 

そのほか、圧迫感のあるセールス⇔受容力のあるセールス、力強いスピーチ⇔頼りなく聞こえるスピーチの違いなど、声の使い分けを実演していただきましたが、声一つ変わるだけで印象が全く変わってきます。

アメリカでは、大統領もスピーチのためにボイストレーニングを受けるほど主流ですが、日本ではまだあまり重視されいてないそうです。

しかし声を変えることでデキるように見せることができ、それによって結果が変わり、後から自信もついてくるようになると毛利さんは考えており、そうして自信を持って国際社会でも闘える人を増やしていきたいという思いがあるのだそうです。

 

ご興味をお持ちいただいた方はお取次ぎが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

http://voicecrew.net/


商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ