— 第56回鉄壁クラブ 開催報告! —


  • シェア
2018年07月13日

第56回ゲスト:

日本デジタル終活協会 代表理事・弁護士・公認会計士

伊勢田篤史様

7月10日(火)、第56回目となる鉄壁クラブを開催しました。

今回は、日本デジタル終活協会の代表理事を務める、弁護士・公認会計士の伊勢田篤史様をお招きしました。

多様なご経歴をお持ちの伊勢田様。大学在学中に公認会計士に合格しあずさ監査法人に勤めた後、司法試験に合格し弁護士へ転身。主に相続分野に携わった後、二年前に日本デジタル終活協会を設立し代表理事に就任し、「終活弁護士」として、経営者向けにデジタル終活の勧めを提案されています。

今年には株式会社Beyond Consultingを設立され、業務承継コンサルタントとして、経営者が突然亡くなった際の対策等、事業承継対策の提案活動もされています。

 

今回は、日本デジタル終活協会 代表理事として、「経営者のためのデジタル終活」をテーマにお話しいただきました。

そもそも「デジタル終活」とは何かというと、「デジタル遺品(PCやスマホ上のデータ、インターネットのアカウント等)に対する死後の取り扱いについて考える活動」と定義されています。

つまり、PCやスマホ、インターネットに残っているデータを、自分の死後、隠して見られないようにする対策・残して引き継ぐ対策を取ることで、自分や家族が困らないようにするというとです。

隠したいデータとしては、次のようなものがあげられます。

①自分自身が恥ずかしいもの:アダルトコンテンツ、家族に内緒にしている趣味など、②家族を不幸にするもの:不倫相手との記録、異常な趣味が分かるものなど。

一方で、残したいデータとしては、次のようなものがあげられます。

①ビジネス関係の資料:引継ぎや処分が必要                   ②インターネット金融機関(特に証券会社):家族に伝えていない場合、リスク商品については多額の追加証拠金を請求されることもあるため注意             ③ブログやHP:故人サイトとして犯罪に使用されることもあるため注意。

 

対策のステップとしては、デジタル遺品となるものはどのようなものがあるか棚卸する→絶対隠したいもの・出来れば隠したいものと、絶対残したいもの・出来れば残したいものに分類する→各対応策を記録する(エンディングノート等作成)、となります。

エンディングノートもデジタル終活協会オリジナルのノートがあり、この一冊に記入していくことで、網羅して整理できるようになっています。

 

デジタル終活は、インターネット、スマホが当たり前となった昨今では注目されてきており、伊勢田様も各種セミナーやメディアへ引っ張りだこのようです。

NHK「あさイチ」、テレビ東京「WBS」、TBS「白熱ライブ ビビット」、ほかラジオ番組等へ出演、NIKKEI STYLEにてインタビュー提供、「女性自身」にて特集記事の提供、専門書籍の監修などと活躍の幅を広げられています。

ご興味をお持ちいただいた方はお取次ぎが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

http://digital-shukatsu.net/


商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ