各種方針
  1. トップページ >
  2. 各種方針 >
  3. お客様本位の業務運営に関する方針

お客様本位の業務運営に関する方針

【お客様の最善の利益の追求】
当社は、ヘッジファンドに特化した証券会社であり、外国籍の投資信託をインターネットで販売するほか組合の形式をとるファンドの募集を行っています。このような当社の役割を踏まえ、当社は、高度の専門性と職業倫理を保持し、投資家の目線に立ち誠実・公正に業務を行い、お客様の最善の利益の実現と長期的な信頼関係の発展に努めます。
【利益相反の適切な管理】
当社は、お客様との利益相反の可能性について、正確に把握し、利益相反の可能性がある場合には、当該利益相反を適切に管理します。利益相反の管理に関しては、当社の業務における関係各社との事情等も考慮します。当社は利益相反管理方針を定め、Webサイト上で公表しています。
【手数料等の明確化】
当社は、ファンドの販売に際し、お客様が負担する手数料その他の費用について、当該手数料等がどのようなサービスの対価に関するものかを含め、目論見書、契約締結前交付書面、販売用資料、Webサイト等で明示します。またこれらの事項についてお客様が理解しやすいよう説明することに努めます。
【重要な情報の分かりやすい提供】
当社は、ファンドの販売に際しては、基本的な利益、損失その他のリスク、取引条件を書面またはWebサイトからダウンロードできる資料で説明しています。組合持分の募集等対面での取引においてはこれらの事項に加え、当社が取扱うファンドがお客様のニーズ及び意向を踏まえたものであると判断する理由を説明します。これらの説明に際しては、情報の重要性に応じて区分し、より重要な情報については特に強調してお客様の注意を促す等、理解しやすい説明に努めます。また、当該ファンドに利益相反の可能性がある場合にはその具体的内容及び影響について説明します。
【お客様にふさわしいサービスの提供】
当社はお客様の資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズを把握し、お客様にふさわしい金融商品の開発・販売に努めます。インターネットでの販売においては、その販売形態の特性上、当社で扱う金融商品がお客様に適切な商品であるかは、まず、お客様ご自身による判断が必要です。当社はお客様ご自身の判断に必要な情報を理解しやすいよう提供することに努めます。
【本方針に基づくガバナンス体制】
当社は、お客様の最善の利益を実現し、長期的な信頼関係を発展させるために、上記の方針に基づき各役職員が行動するよう、報酬・業績評価体系、従業員研修体制を含めたガバナンス体制を整備することに努めます。

お問い合わせフォーム

このページのtopへ