インフォメーション
  1. トップページ >
  2. インフォメーション >
  3. 「お金にまつわる意識調査」を実施

「お金にまつわる意識調査」を実施

 2012年06月06日

夏のボーナスの使い道、「貯蓄」が80.8%
~ロンドンオリンピックで金融商品を「購入したい」26.0%

 

 

日本でも数少ない「独立系」のインターネット取引を主とした証券会社として設立されたヘッジファンド証券株式会社(本社:東京都千代田区霞が関 代表取締役:眞野 定也)は2012年5月29日から31日の期間、夏のボーナス時期に向けた「お金にまつわる意識調査」を実施し本日結果を発表いたしました。

 

対象は日本国内に住む、夏のボーナスが支給されるという20代~60代の男女473名(※配偶者が支給される場合含む)。調査結果からは、昨今の景気を反映してか「守り」に入る生活者の姿勢が浮き彫りになりました。
リリースの詳細についてはこちら

 

PDFファイル PDF

メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ

このページのtopへ