— 第33回鉄壁クラブ 開催報告! —


  • シェア
2017年04月06日

第33回ゲスト:

GSクラブ 代表 中村公一様

4月3日(月)、第33回目となる鉄壁クラブを開催しました。

国際的視野を養うことを目的に海外進出・投資・教育などをサポートする、GSクラブの中村公一様を講師としてお招きしました。

中村様は新卒で香港の金融機関に就職をされ、そこで日本の『経済教育』の遅れに危機感を持たれたことから、「真の経済教育の普及を通じた社会貢献をする」ことを理念として、GSクラブを起業されました。12年目になる昨今は投資教育にも注力をしているそうです。

今回は、『こどもに伝えたいお金の話』というタイトルで、子を持つ親御さんに向けた内容ではありましたが、まだ25歳の私でも意識したいと思える教えが満載なお話でした。たくさんのためになるお話から、いくつか抜粋させていただきます。

まず「子どもの教育」について。というお話をされ、中村様の『教育の目的』は、幸せな人生を全うできるような子供になってもらうこと、だそうです。では、どうすれば幸せになれるか?というと、どんな環境でも幸せと思える人、生きていく強さやしたたかさを持つ人になることであり、そうなるためには、「感謝のこころ」と「主体性」を持つこと。このようにお考えになっているそうです。

そして「ありがとう」という言葉の意味について。元々は、「有難い」=「有ることが難しい」が語源となっていて、奇跡的にそこにあることを関わる全ての方々に感謝する言葉なのだそうです。その対義語はというと、「当たり前」。親ならご飯出してくれることが当たり前?学校で勉強できることが当たり前?「当たり前」を疑うことから感謝の心が生まれます。

さらに、経済的にも精神的にも豊かになる秘訣として、「商人道」という考え方について。日本は100年以上続く長寿企業が、世界で最も多い国とのことですが、そのような長く続く企業の社是・社訓の多くに、『先義後利』という言葉があるそうです。その他、英国やドイツなど、経済活動の中に然るべき道徳や思想が存在した国が、しっかりと経済発展し豊かになっていったとのことです。

日本もこの精神があるからこそ高度経済成長を経て、長らく栄えることができていました。しかし昨今の日本では、これが薄れてきてしまっていることを残念に思われていました。同様に当社代表の植頭も、我先にと義務より権利を当たり前のように主張する人たちが増えていると常々感じているようで、現在の日本経済の停滞はこれが一因であるように考えています。

最後に、「豊かになるためには、この考えを周囲に伝え続けないといけない」ということ。人は忘れてしまう生き物であり、分かったフリをしやすいため、自分の身に定着するまで、伝えることによりアウトプットすることが大切だということでした。

このようなお話に、参加者の皆様も大変感銘を受けられていました。

HPはコチラ http://www.globalsupport.com.hk/index.html

Facebookページはコチラ https://www.facebook.com/globalsupporthk/


商号等:
ヘッジファンド証券株式会社
代表者:
植頭 隆道
設 立:
2010年6月9日
紹介文:
「私達は革新を続け、今までにない新しい証券会社を目指します」
メール会員登録
メール会員登録
詳細はこちら
メール会員登録 はじめての方へ
はじめての方へ
詳細はこちら
はじめての方へ